ルピシアが考えるお茶の文化を、世界へ向けて発信したい。その思いで海外初店舗を台湾にオープンさせたのが、2001年のことでした(2016年閉店)。





その後、オーストラリア、アメリカ、フランス各国に店舗を展開。時に現地のお茶好きのお客さまとお茶談義で盛り上がりながら、世界のお茶をご紹介してきました。その国をイメージした地域限定茶もご好評をいただいています。

今や全世界と瞬時に繋がることのできるオンライン上には、英語、フランス語などの言語にてオンラインストアを開設。世界中のお客さまに、高品質で豊かなお茶の世界をお楽しみいただいています。









日本の伝統的な煎茶とパリ店限定茶が好評

「パリ店では、日本の煎茶や、果実やバラの香りを上品にまとった花びらたっぷりの限定茶が特に人気です。“禅”を感じさせる落ち着いた店内の試飲スペースで、ゆったりとくつろぎのひとときをお楽しみいただけます」(ジャン・プレ総支配人)





外国からもオンラインストアでルピシアのお茶をお求めいただけます