ダージリン ファーストフラッシュ 2022

ダージリン ファーストフラッシュ

紅茶の名産地インド・ダージリンから今年も届いた春摘み紅茶。茶園ごと、ロットごとに厳選したお茶をラインアップ。初めての方は、果実や花を思わせる香りの特徴をポイントにお選びください。

「ブレンド」へのこだわり、ルピシア流。

年に一度のお楽しみ、ダージリン ファーストフラッシュを、最大限おいしく味わっていただきたいから。ルピシアでは毎年、こだわりの詰まったオリジナルブレンドを仕上げます。現地の茶園からサンプルを取り寄せてはテイスティングを実施。その数は1,000種を超えます。繊細な風味の違いを利き分けながら、香りや味のパーツを集めてブレンドしていきます。

初めての方は、ぜひ「香り」をポイントに。

ファーストフラッシュ特有の爽やかな香り。ルピシアではこれを「果実のような香り」と「花のような香り」の2つに分類。それぞれの特徴がよく表れたブレンドをご用意しています。初めての方は、この2つの方向性を意識してみると、ご自身のお好みがわかりやすいかもしれません。2つ飲み比べていただくのもおすすめです。

「旬活」はじめよう!
オリジナルブレンド
香りと味わいのバランスに優れたブレンド
ダージリン ファーストフラッシュ 2022
DARJEELING FIRST FLUSH 2022
馥郁(ふくいく)たる花の香りが楽しめる、最高級スペシャルブレンド
ピュア ダージリンブレンド“マグノリア” 2022
PURE DARJEELING BLEND “MAGNOLIA” 2022
豊潤な果実の香りを楽しみたい方へのブレンド
ダージリン ファーストフラッシュ “プレミアム フルーティー” 2022
DARJEELING FIRST FLUSH “PREMIUM FRUITY” 2022
優雅な花の香りを楽しみたい方へのブレンド
ダージリン ファーストフラッシュ “プレミアム フラワリー” 2022
DARJEELING FIRST FLUSH “PREMIUM FLOWERY” 2022
茶園指定品
歴史ある名園のお茶から選ぶ
商品名の数字は「ロットナンバー」
とろける香りを心ゆくまで
ピュグリ茶園 アハーナ 2022-DJ2
PHUGURI, AHAANA 2022-DJ2
ピュア ダージリンブレンド "マグノリア" 2022
数量限定
希少な最高級ブレンド
銀色の新芽を贅沢に含んだ、貴重な春摘み紅茶のみの最高級ブレンド。咲き誇る花々のような甘い香りが魅力。
ピュア ダージリンブレンド "マグノリア" 2022
数量限定
希少な最高級ブレンド
銀色の新芽を贅沢に含んだ、貴重な春摘み紅茶のみの最高級ブレンド。咲き誇る花々のような甘い香りが魅力。
ダージリン ファーストフラッシュ "プレミアム フルーティー" 2022
数量限定
甘く豊潤な香り 気品漂う上質なブレンド
豊潤な果実のような甘い香りと心地よい余韻が魅力。上質な春摘み紅茶のみを使用したプレミアムブレンド。
完売御礼
ダージリン ファーストフラッシュ "プレミアム フルーティー" 2022
数量限定
甘く豊潤な香り 気品漂う上質なブレンド
豊潤な果実のような甘い香りと心地よい余韻が魅力。上質な春摘み紅茶のみを使用したプレミアムブレンド。
完売御礼
ダージリン ファーストフラッシュ "プレミアム フラワリー" 2022
数量限定
瑞々しく優雅な香り 華やかなプレミアムブレンド
みずみずしい花々を思わせる華やかな香り、甘い味わい。上品な風味の春摘み紅茶のみのプレミアムブレンド。
完売御礼
ダージリン ファーストフラッシュ "プレミアム フラワリー" 2022
数量限定
瑞々しく優雅な香り 華やかなプレミアムブレンド
みずみずしい花々を思わせる華やかな香り、甘い味わい。上品な風味の春摘み紅茶のみのプレミアムブレンド。
完売御礼
ピュグリ アハーナ, 2022-DJ2
数量限定
とろける香りを心ゆくまで
百合の花を彷彿とさせる、楚々としてかつ馥郁たる香り。ルピシアのため特別に作られた春摘み紅茶。
完売御礼
お好みの紅茶を見つける
商品一覧・チャート表から選ぶ
アイスティーにおすすめのお茶から選ぶ

※旬のお茶は気象条件などの諸事情により、発売時期などが変更になる場合がございます。ご了承ください。
※茶葉写真は参考イメージです。

贈りものにおすすめの缶入りもございます。※缶代を別途300円いただいております。

旬の紅茶とご一緒に!
ルピシアのこだわりスコーン
旬を知ればもっとおいしい 旬を楽しむ
  • 旬を知ればもっとおいしい 旬を楽しむ お茶の旬は始まったばかり。実は、お茶によって旬の時期は異なります。それぞれの旬を知れば、いつものお茶がもっとおいしく楽しめます。そろそろ旬のお茶、始めませんか?
    「お茶と食」のおたより。2022.5月号 この記事を読む 「おたより。」とは?