心を溶かす豊かな甘みが魅力 「ダージリン オータムナル」

心を溶かす豊かな甘みが魅力 「ダージリン オータムナル」

ファンも多い秋のダージリンは、一年でもっとも甘さを醸(かも)す季節

インドの北東部、ヒマラヤ山脈の麓に位置するダージリン地方は、標高600〜2,000mを超える高所に茶畑が広がるお茶の産地です。

ダージリンと名乗れるのは、この地域で認定されている限られた茶園の茶葉だけ。スコットランド出身のロバート・フォーチュンが、19世紀半ばに中国の名産地・武夷山(ぶいさん)からダージリンに茶樹を運んだことがお茶作りの始まりといわれています。山岳地帯特有の香り高いお茶は、標高の高さによる昼夜の寒暖差や日の光を柔らかく遮る山の霧、そして水はけの良い傾斜地によって育まれます。

今回買い付けたばかりのオータムナルは、一年でもっとも甘みが強く表現されるタイミング。今季も上質で甘みが強く感じられるロットだけを厳選しました。またオータムナルは、他の旬と比べて価格がリーズナブルなことも魅力です。カラメルのような風味には、お茶を練り込んだ「ショコラテ ジャポネ」を合わせ、甘い香りに包まれた冬時間をお過ごしください。

ピュア ダージリンブレンド “スウィート オータムナル”
ピュア ダージリンブレンド "スウィート オータムナル"
NEW 数量限定
この時期だけの甘みを楽しむ。
旬ならではの「甘み」にこだわった、上質なダージリン秋摘み紅茶のみを使用したプレミアムブレンド。
ピュア ダージリンブレンド "スウィート オータムナル"
NEW 数量限定
この時期だけの甘みを楽しむ。
旬ならではの「甘み」にこだわった、上質なダージリン秋摘み紅茶のみを使用したプレミアムブレンド。
甘み際立つ極上の風味
グームティー茶園 マスカテルバレーGOOMTEE MUSCATEL VALLEY, FTGFOP1 2021-DJ70
1899年創設、ダージリンタウンの南東、マハナディー地区に位置する茶園。茶園名はネパール語で“折り返し地点”を意味する“GHUMI”という単語から派生。名前の通り、茶園の山麓に大街道の曲がり角があります。ジュンパナ茶園に隣接しており、年間を通して品質が安定していることで現地でも評価が高い茶園のひとつです。
グームティー マスカテルバレー, 2021-DJ70
NEW 数量限定
林檎のようなふくよかさ
林檎を思わせる香りと、甘くみずみずしい味わいが魅力の秋摘み紅茶。なめらかな風味がティータイムを彩ります。
アリヤ茶園ARYA, FTGFOP1 2021-DJ96
1855年創設のダージリンタウンの近くに位置する、世界的に有名な茶園のひとつ。紅茶の他にも、緑茶や烏龍茶、白茶など様々な種類のお茶を作っています。茶園名には「上品な、立派な」という意味があります。
アリヤ, 2021-DJ96
NEW 数量限定
上品でまろやかな味わい
柔らかく広がるアプリコットのような香りと、まろやかな味わいが魅力。温かみのある風味の秋摘み紅茶。

贈りものにおすすめの缶入りもございます。※缶代を別途¥280いただいております。
※旬のお茶は気象条件などの諸事情により、発売時期などが変更になる場合がございます。ご了承ください。

旬のダージリン紅茶のギフト
旬のダージリン紅茶とドザール「陽来」
NEW 数量限定
旬のダージリン紅茶と、ティースプーンをセットにしました。季節の味わいを贈ります。
2,530円
旬のダージリン紅茶とお菓子「クラッシー」
NEW 数量限定
旬のダージリン紅茶と、相性の良いお茶のチョコレート「ショコラテ ジャポネ」をセットにしました。お茶好きな方への贈りものにおすすめです。
3,700円
お茶3種「喜楽」
NEW 数量限定
旬のダージリン紅茶と旬の台湾烏龍茶に、定番人気の煎茶をセットにしました。紅茶、緑茶、烏龍茶をたっぷりお楽しみいただける、盛りだくさんな詰め合わせです。
4,400円 | お品切れ
お茶を練り込んだチョコレートがオータムナルの甘さを引き立てます
ショコラテ ジャポネ
NEW 数量限定
ベルギー産のクーベルチュールチョコレートに、和のお茶を組み合わせた、お茶のチョコレート(ショコラテ)です。お茶とチョコレートが絶妙に響き合う、極上の一粒をお楽しみください。
1,850円
砂糖で引き立つコク
紅茶のお砂糖 for ダージリン
ルピシアが選んだ紅茶によく合うお砂糖です。上品で柔らかな味わいが、繊細なダージリンの香りを引き立てます。
490円
お電話でサポートします!
季節を知ればお茶の世界はもっと広がる!
  • 季節を知ればお茶の世界はもっと広がる! 世界各国の生産地へ出向いて買い付けをしているバイヤーに、お茶と旬、季節や味わいの関係を教えてもらいました。
    「お茶と食」のおたより。2022.1月号 この記事を読む 「おたより。」とは?