香りを探り、時を愉しむ。春摘み台湾烏龍茶

春摘み台湾烏龍茶

今年も旬を迎えた春摘み台湾烏龍茶が到着しました。みずみずしい爽やかな風味を楽しみ尽くしましょう。

バイヤーコメント 「旬活」はじめよう!

唐の詩人・盧仝(ろどう)の“七碗茶歌”をご存じですか?

ただ両脇を清風が吹き抜けてゆく。

現代まで連綿と続くお茶文化のルーツである中国。世界最初の茶の本は、陸羽(733〜804)による『茶経』ですが、そんな陸羽とほぼ同時代に生きた盧仝(ろどう:?〜835)もまた、茶を愛した一人として歴史に名を残す詩人。「七碗茶歌」として有名な彼の詩の、こんな一節をご紹介します。

一碗喉吻潤、兩碗破孤悶。
三碗搜枯腸、唯有文字五千卷。
四碗發輕汗、平生不平事、盡向毛孔散。
五碗肌骨清、六碗通仙靈。
七碗吃不得也、唯覺兩腋習習清風生。

一杯目は喉と唇を潤し、二杯目で孤独を忘れる。
三杯目で腹の中を探れば、五千冊の書物が身についている。
四杯目で軽く汗をかき、日頃の不満が毛穴から出ていく。
五杯目で肌と骨がきれいになり、
六杯目で仙人になった心地がする。
七杯目では食事も不要になり、
ただ両脇を清風が吹き抜けてゆく。

まさに、台湾茶の楽しみ方のすべてが、ここに謳われていると思いませんか? 貴重な春摘み茶の風味を仙人の境地に例えていますが、体を風が吹き抜けるような爽快感もまた、共感できるところです。

いよいよ待ちに待った新茶の季節。ゆっくりと時間をかけて、盧仝のように、それぞれの煎を愉しんでみてはいかがでしょう?

清風が吹き抜けてゆく最後の煎を、ひんやりと冷茶でいただくのもおすすめです。

「香り」の、春摘み台湾烏龍茶

盧仝の時代とはお茶の作り方も飲み方も違いますが、現代でも春摘み茶の風味は私たちを魅了し続けています。春と冬、年に2回旬を迎える台湾烏龍茶もまた然り。その特徴はなんといっても香りの良さです。寒い季節に蓄えていた香りの成分が、春、一斉に芽吹いた新芽に凝縮。みずみずしい香りを楽しめます。

また、4〜5煎いれられるのも台湾烏龍茶の魅力。盧仝のように七杯飲むかはさておき、いれるごとに感じる、香りや味わいの変化をお楽しみください。

高山茶
梨山
梨山烏龍 極品 果香 春摘み
数量限定
味、香り ともに最高峰
林檎を思わせる繊細で清々しい香り立ちと爽やかな甘み。台湾が誇る名産地から届いた極上の高山茶。
完売御礼
伝統の二大銘茶
文山
台湾烏龍茶におすすめの茶器
小丸急須 艶消し黒
内側にぐるりと金網の茶こしがついた、便利な黒色の急須です。深蒸し茶にどうぞ。
2,850円
白磁 茶海 青花
数量限定
台湾の人気茶器メーカー「風清堂」の茶海です。風清堂は、陶器の街と言われる鶯歌(イングー)にお店を構えており、美しい白磁とシンプルなデザインが特徴です。
5,000円
急須でもOK!美味しくいれるコツ
台湾烏龍茶におすすめのお茶請け
茶実 みかん
まろやかな甘みとやさしい酸味が絶妙
国産の温州みかんを薄皮ごと糖漬けし、ひと房ずつ乾燥させました。温州みかんのジューシーな香りと優しい甘みが口いっぱいに広がります。
480円
茶実 りんご
甘くさわやかな風味 果肉感にも満足
国産ふじりんごを砂糖にじっくりと漬け込み、ゆっくりと乾燥させました。シャキシャキとした歯ごたえもあり、ふじりんごの美味しさをぎゅっと濃縮させたような味わいです。
450円 | お品切れ
ご好評につき、以下の商品は完売いたしました。
・[6202] 阿里山金萱 特級 春摘み
・[6203] 凍頂烏龍 特級 蜜香 春摘み
・[6204] 名間四季春 春摘み
・[6205] 阿里山金萱 特級 清香 春摘み
・[6206] 台湾烏龍茶 春摘み
・[6207] 阿里山烏龍 特級 果香 春摘み
・[6208] 凍頂烏龍 特級 軽焙煎 春摘み
・[6209] 文山包種 極品 水仙 春摘み
・[6211] 名間金萱 軽焙煎 春摘み
・[6214] 杉林渓烏龍 極品 春摘み

※旬のお茶は気象条件などの諸事情により、発売時期などが変更になる場合がございます。ご了承ください。
※茶葉写真は参考イメージです。

贈りものにおすすめの缶入りもございます。※缶代を別途いただいております。
» 一部商品 価格改定のご案内