凍頂烏龍 特級 伝統焙煎 - 50g 缶入 トウチョウウーロン デントウバイセン

  • 数量
    限定
  • 通販
    限定

深みのある余韻

数々の受賞歴を誇る劉志豪氏が手掛けた中焙煎の凍頂烏龍茶。焦がし砂糖のような甘く香ばしい味わいが魅力。

【お茶情報】
口に入れると、まず最初に黒砂糖のような濃厚な甘い香りがふわりと広がり、あとから追いかけるように焙煎の香ばしい味わいが届きます。凍頂烏龍では伝統的な中発酵・中焙煎のタイプで、甘みを含んだ味わいと滑らかな口当たりが魅力です。

このお茶は、ルピシアだより2019年9月号 特集「香ばしいお茶〜火入れの妙〜」というテーマに沿って、凍頂烏龍の作り手である、劉志豪(リゥ ジーハオ)氏に製茶していただいたお茶です。劉志豪氏は、親子三代にわたり、台湾・南投県で製茶業を営んでおり、2013年には台中市、南投県、竹山鎮、信義郷の4つの品評会ですべて特等奨を受賞するなど、台湾各地で数多くの賞を受賞しています。

今年の凍頂エリアは気候に恵まれ、作柄の良いシーズンでした。茶葉が本来持っている香りや甘みを生かすため、熟練の観察眼で、茶葉の変化を見極めながら温度や焙煎時間を調整し、ほんのりと香ばしい香りと蜜のような甘みを持つ凍頂烏龍を目指して製茶しました。茶樹の生育から仕上げまで、劉氏のこだわりが詰まったお茶です。徐々に涼しくなり、秋風が吹き始める頃に飲む、ほっこりするお茶としてもおすすめです。

【産地情報】
阿里山烏龍茶と並んで日本人によく知られる凍頂烏龍茶。清代に科挙の試験を受けに中国に渡った林鳳池(リンフォンチー)が持ち帰った茶樹を鹿谷郷凍頂山に植えたのが始まりと言われています。ルピシアの凍頂烏龍は発祥地・鹿谷郷の伝統品種・青心烏龍を使用しています。

おいしいお茶のいれ方

いれ方の目安(カップ一杯分 150ml)

  • 茶葉の量
  • 6g
  • お湯の温度
  • 熱湯
  • 浸出時間
  • 45秒-1分
  • 煎出回数
  • 4-5回
商品番号: 6324
品名: 凍頂烏龍 特級 伝統焙煎
価格:
商品に関するお問い合わせ 0120-11-0383
ご案内・ご注意
※期間・数量限定
※賞味期限:製造より1年
※通信販売+ベルエポック店舗限定販売
原材料の一覧
半発酵茶 ※商品の改定などにより、商品パッケージの記載内容が上記内容と一部異なる場合がございます。
商品仕様
■内容量/50g
  • 凍頂烏龍 特級 伝統焙煎 - 50g S 缶入